人気が出てきている

居酒屋の店先

居抜き物件の人気が高まっているため、探すのが難しくなっています。個人で探している人もいますが、業者も探しているのです。最近では、個人を優先してくれる業者も出てきているので、個人でも契約することができます。

Read more

業務を快適にする

文具の棚

オフィスデスクは業務の効率に影響する重要なポイントです。業務をする上で、十分なスペースがあること、小物を収納できること、などの条件が整っているオフィスデスクを選ぶことで、快適に業務を進めることができます。

Read more

個人では借りられない

壁にかけたフライパン

貸事務所は、法人用や自営業者向けとしていて、個人の入居者として借りることはできません。このような部券は、街中や都心など全国的に存在します。地域によっても賃料は異なりますし、契約する業者によっても契約内容が変わることもあります。

Read more

便利な制度

酒の棚

特定優良賃貸住宅は、略して特優賃と呼ばれています。これは、国や地方自治体が家賃の一部を補助するという制度です。この制度は、中堅所得者を入居対象として、平成5年に始まった制度です。

Read more

相場を知る

並んだポット

貸事務所を借りる場合は、まず相場を知ることが大切です。相場を知ることで、予算も立てやすくなります。また、物件の情報だけではなく、周辺の環境なども確認しておきたいです。

Read more

予算を抑える

白い応接室

事業の成功は事務所にかかっています。貸事務所で大阪探している人は必見!営業マンがイチオシする物件もチェックできますよ。

快適に仕事を行なうために大阪で貸事務所を借りてみよう。人気の高い注目のオフィスがこちらで詳しく紹介されていますよ。

一般的に不動産の取り引きはテナントが入居した状態で取引されますが、場合によっては居抜きの取引もあります。居抜きの取引が多いのは飲食店や店舗、旅館や工場などで見られます。居ぬきで注意しなければいけないことは内装や設備がそのまま使用可能かどうかということです。内装や設備がそのまま使えるとなれば後継テナントを早く見つけることが出来るからです。しかしながら内装や設備がそのままでは使用できない場合には購入後に手を入れなければなりませんから費用も時間もかかります。したがって取引価格を決める時には内装や設備の状態をきちんと把握しなければなりません。居抜きのメリットとデメリットは紙一重と言えますので出来れはそのまま使える物件を選ぶことが重要です。

不動産は景気変動に敏感です。景気に敏感といえば株にも同様なことが言えます。一般的に株の方が先行して動き、不動産が遅れて動きます。景気が悪くなると企業にしても個人事業者にしても倒産したり撤退することが増えますので居抜き物件が市場に多く出て来ます。不景気の時に出てくる居抜き物件には掘り出し物が多いのが特徴です。商売というものは立ち上がりの時期が一番苦しいもので、そっれを乗り越えると比較的長続きするのが普通です。不景気になって倒産したり撤退する物件はまだ内装や設備が新しいことが多いのが特徴です。このような居抜き物件を購入することが出来れは内装や設備をそのまま使用できますのでテナントが見つけやすく早く事業を軌道に乗せることができます。景気の関係で賃料は高く取れませんから内装や設備にお金を掛けなくて良いのは大きなメリットです。

皆様の要望をかなえる豊富な物件数が好評です。貸事務所を東京でお探しならこちらへ。貸しビル仲介に特化したコンサルタントです。